DMの誤配を防ぐためのチェックポイント

DMの誤配を防ぐためのチェックポイント DMを作成して個人宅へと配る際には、誤配があってはクレームが来てしまう可能性が高くなるので、細心の注意を払って取り扱う必要があります。DMの専門会社に作成から配布まで任せる場合では、チェックをしておきたいポイントはあり、個別の住所録などをデータで送信する前に、郵便番号が記載されているかどうかを確認することと、アパートやマンションの場合は、物件名から部屋番号まできちんと記載しているのかもチェックしなければ誤配に繋がる可能性が出てしまいます。戸建て住宅に配る際には間違いは少ない傾向にありますが、特に注意したいことは比較的大きなアパートやマンションです。エントランスから誰でも立ち入ることができる場所に集合ポストを置いている物件が該当し、各ポストには部屋番号が何かしらの方法で記載されていますが、物件によっては文字が消えかかっていたり、苗字だけ書かれているなど違いがあります。このような物件でDMをポスト投函するには、不確かな場合は上下左右のポストを確認することで特定できる場合があるので配布するスタッフにも徹底した配布法を教育している会社選びをすることも欠かせないポイントです。

DMの宛名情報を知るための賢い方法を紹介

DMの宛名情報を知るための賢い方法を紹介 現在は個人情報を取得するのが難しくなっています。しかし企業が個人宛てにDMを送る機会は今でも十分にあるので、住所や氏名などの情報を知りたい人も多いでしょう。そんな人のためにいくつかの方法を紹介します。まず、お得意様限定などとお得感を出したイベントでDMのための個人情報を聞き出せます。イベント案内を送るために宛名情報が必要だと伝えて下さい。受付を設置して案内を行うとより効果的です。また、アンケートも活用できます。アンケートを記入してもらうだけではなく、記入すると粗品が貰えるという仕組みにすれば個人情報を知ることができます。メンバーズカードやポイントカードを提供するのも1つの手段です。これらのカードは作るときに必ず個人情報の記入が必要になります。これらはどの方法も相手に何かメリットがあるものです。お得感を出して相手に個人情報を提供してもいいなと思ってもらうことが宛名情報を取得するための重要なポイントです。

新着情報

◎2021/4/14

初心者が取り入れやすい構成
の情報を更新しました。

◎2021/2/14

DMを委託する業者の選び方
の情報を更新しました。

◎2021/1/31

サイト公開しました

「DM 宛名」
に関連するツイート
Twitter

Officeソフトの使い方を軽く学び直す機会に恵まれた。 Excelの差し込み印刷(顧客リストの情報から宛名ラベルやDMが一瞬で作れる✨)やピボットテーブル(自社の売上分析に活用できる✨)や参照する元データの正しい作り方(めっちゃ大事‼️)など。 でも3日経てば忘れるんやろな🥺

料金別納で100枚、DM出したんだが、元々のハガキに料金別納の印刷がなかったので、今度から料金別納の印刷をしてほしい。もしくは、一緒にスタンプ押すの手伝って欲しいって言われた。大変かもしれんが、それはあなたの仕事ちゃうん???あと、コメント書き過ぎ。宛名の半分は白く残すようにとも…

不動産会社がゆうメールで勝手に送ってくるDMを止めるべく、184つけてフリーダイヤルに電話してみた。こちらの名前を聞かれることはなく、宛名の下の番号を伝えてマンション名を確認して、それで停止してもらえたらしい。対応はとても丁寧。だったら気を遣って最初からDM送ってくれなきゃいいのにね。

こちらのプレゼント送ってくださった方、宛名が無くてお礼が伝えられないのです😭こそっとDMください〜!DM届いたらホタテ動画投下します!←

うちで車検受けてーってDMのはずなのに、宛名で喧嘩売ってるからネタになってるわけで、 チャリカスフィルター半端ないな